このページでは、SkyDesk に関するアップデート情報やメンテナンス・障害情報などを掲載します。

SkyDesk Reports アップデートのお知らせ [更新]

2019.12.02

お客様各位

平素よりSkyDesk Reportsをご利用いただき、誠にありがとうございます。
2019年11月7日および18日にお知らせしておりました、SkyDesk Reportsの更新を実施いたしました。

※事前のお知らせに含まれていた「ドメイン認証の通知機能」は搭載されませんので、ご了承ください。


2019.11.18

お客様各位

平素よりSkyDesk Reportsをご利用いただき、誠にありがとうございます。
2019年11月7日にお知らせした内容を更新し、2機能を追加いたしました。


2019.11.07

お客様各位

平素よりSkyDesk Reportsをご利用いただき、誠にありがとうございます。
SkyDesk Reportsでは、以下の変更を予定しています。

※本内容はアップデート実施前に変更する可能性があります。

  1. ビューの依存関係の詳細を取得
  2. サブフォルダーの作成
  3. 地図ヒートマップの導入
  4. 統計ファイルからデータをインポート
  5. 共有された組織、ワークスペースからの登録解除
  6. 自分の組織の削除
  7. ダッシュボードの共有時に、親テーブルのフィルターの条件を適用する
  8. Webインポートで認証の種類が追加
  9. グループのユーザーインターフェイスを強化

1. ビューの依存関係の詳細を取得

レポート、テーブル、クエリーテーブルの依存関係の詳細を表示できるようになります。
以下は、各ビューで利用可能な依存関係の詳細です。

  • レポート - レポートの関連する列を持つすべてのテーブル
  • テーブル - テーブルを使用して作成されたすべてのレポート
  • クエリーテーブル - クエリーテーブルが作成される親テーブルと、クエリーテーブル上に作成される子のビュー

2. サブフォルダーの作成

ワークスペースにサブフォルダーが作成できるようになります。

3. 地図ヒートマップの導入

SkyDesk Reportsは、新しいグラフの種類、地図ヒートマップをサポートします。この機能を使用すると、位置情報マップ上に、特定の領域内の点の密度に応じて、色分けしたデータを表示できます。

4. 統計ファイルからデータをインポート

レポートの作成と分析に、SAS(*.sas7bdat)、SPSS(*.sav)、R(*.rdata)などの統計ソフトで作成した統計データを、SkyDesk Reportsにインポートできるようになります。

5. 共有された組織、ワークスペースからの登録解除

共有された組織、ワークスペースからの登録の解除が選択できるようになります。

6. 自分の組織の削除

自分のアカウントが別の組織に関連づけられている場合、自分の組織を選択して削除できるようになります。

7. ダッシュボードの共有時に、親テーブルのフィルターの条件を適用する

ダッシュボードの共有時に、親テーブルのフィルターの条件を適用するオプションが使用できるようになります。このオプション を適用すると、親テーブルの共有フィルター条件は、ANDオプションを使用することで、ダッシュボードに指定された共有フィルター条件に結合されます。

8. Webインポートで認証の種類が追加

SkyDesk Reportsはサポートを拡大して、WebURLからのデータのインポートに次の認証を追加します。

  • AWS署名
  • ダイジェスト認証
  • Hawk認証

OAuth 2 認証を使用して認証したURLでは、権限の種類を指定できます。

9. グループのユーザーインターフェイスを強化

ユーザーエクスペリエンス向上のために、グループの作成 および グループの管理 のユーザーインターフェイスを刷新します。グループの管理 は、ワークスペース設定の一部としても利用可能になり、管理が楽になります。