レンタルサーバー、クラウド、VPS、専用サーバー… 自社サイトに最適なサーバーを選ぶためには

 

新しくWebサイトを立ち上げる際には、サーバーが必要になります。しかし現在は、レンタルサーバー、クラウド、VPS、専用サーバーなど多くのサービスが存在し、どれを選択すればいいのか困った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそれぞれの違いをおさらいし、目的にあったサーバー選択を実現するため、特徴やメリットをみていくことにしましょう。


レンタルサーバーと専用サーバー
サーバーを借りる以上、すべてが「レンタル」だといえるためややこしいですが、一般的に「レンタルサーバー」とは、イコール「共用サーバー」だと理解しておいて良いでしょう。

一つのサーバー(コンピューター)を複数のWebサイトで共用することが特徴で、多くの場合で月に数百円といった安価で借りられるのが最大のメリットといえます。

デメリットとして、例えば同じサーバーを利用している他のサイトの負荷が増加した際、自身のサイトも接続しにくくなるなど、影響を受けやすいことが挙げられます。

一方で専用サーバーとは、その名の通り、一つのサーバーを専有できるタイプのサービスです。他のサービスの影響を受けにくいだけではなく、サーバー自体に対し大きな権限を持つことができるため、最適なカスタマイズなどが可能になります。その分、利用料金は月に数万円程度からと高価になります。

CorporateSite_3_1_2.jpg


VPSとクラウド
VPS(Virtual Private Server)とは、日本語で「仮想専用サーバー」と呼ばれるサービスです。

レンタルサーバーが一つのサーバーを共有する、専用サーバーが専有することだとすると、VPSは「サーバーの中に仮想化されたサーバーを立てる」点が特徴です。簡単に表現するなら、物理的なサーバー(=コンピューター)の中に、さらに細かく分かれたサーバーがあるイメージです。

共用サーバーのように同居している他のサービスの影響を受けることなく、かつ専用サーバーよりも安価というメリットがあります。

そして、昨今頻繁に耳にするのが「クラウド」ではないでしょうか。クラウドの仕組みはVPSによく似ていますが、利用できる物理的なサーバーは一つではありません。

クラウドは仮想サーバーを複数、理論上は無限に増設することが可能であり、かつ「使いたい時に使いたい分だけ使える」という点が最大のメリットといえます。

これまでご紹介したサービスが、あらかじめ決まった容量の範囲内で利用するものだとすれば、クラウドでは普段はサーバーの容量を抑えながら、アクセスが多い日だけサーバーを増設するといった使い方が可能になるのです。

そのため、例えば時間帯や季節によってアクセス数が大幅に異なるサイトや、プロモーションなどの影響で一時的にサーバーの負荷が上がることが多いサイトなどに適しているといえるでしょう。使用した分を支払う従量課金制のため、大きなサーバーを借りるより費用を抑えることも可能です。

CorporateSite_3_2_2.jpg

価格、性能、拡張性など、用途や優先事項に応じてさまざまな選択が可能なサーバーサービス。ぜひ参考にしてください。