自社サイトを外注する際に気をつけたいことと、技術がなくても内製したい場合にオススメの方法

CorporateSite_2_1.jpg

前回の記事では、企業が自社のウェブサイトを制作するにあたって留意すべき点、ポイントなどをご紹介しました。今回は実際に制作する際に必要な知識や心構え、特に自社で内製するか外注すべきかについてみていくことにしましょう。

サイト制作を外注する際に気をつけること
自社サイトを制作することが決まった際にまず考えるのは、内製するか外注するかという点でしょう。とはいえ、ITやWeb関連の会社でない限り、いきなり企業サイトを制作することは簡単ではありません。その場合、やはり専門業者に依頼するのが一般的です。

しかし現在は多くの業者が存在し、検索サービスなどで「Web制作会社」と検索しても、検索結果にたくさんの会社が表示され、どの会社が自社に最適なのかを選ぶことも難しい状況といえます。

そのような場合は、身の回りでWeb制作を外注した経験のある人、または少しでもWeb制作に詳しい人に相談することを検討してみてください。同じWeb制作会社でも得意な業種やジャンルはそれぞれ異なりますし、技術やコストに少なくない差が生じることもあります。それに、実際の仕事ぶりや信頼できるかどうかなどは、サイトを見ただけでは分からないことも多いでしょう。どのような場合にもいえることですが、Web制作会社もまずは口コミから探してみることが妥当といえます。

CorporateSite_2_3.pngしかしながら、そういった人が身近にいないため、ゼロから探さなければいけない場合には、以下のような点に留意して外注先を探してみてください。
・得意とするデザイン、業界が自社とマッチしているか
・誰にでも分かる平易な言葉で説明してくれるか
・見積もりの内訳が明確か。不明点は説明してくれるか
・期間限定などと謳い、契約を煽るようなことをしないか
・SEO対策に強いと謳っている場合、その会社のサイトはどの程度か

公開後の運用も視野に入れる
サイトは公開して終わりではなく、常に更新することが重要です。それは、検索サービスが頻繁に更新しているサイトを「アクティブ」と判断して重要視することはもとより、サイトを訪れた人に対しても、事業が順調で活発な企業だと認識してもらえるからです。

その上で、更新作業は自社で行うのか外部に委託するのか、その際にどの程度のコスト(手間、金額)が発生するのかを事前に視野に入れておきましょう。

やっぱり自分たちで作りたい! HTMLを知らなくてもサイト制作は可能!

CorporateSite_2_2.jpg

ここまでご覧になって、「社内にWebサイト制作のノウハウはないが、今後のことを考慮して自分たちで作りたい」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

現在は便利なツールがたくさん登場し、HTMLやCSSといった知識がなくても比較的簡単にページを制作できるようになりました。簡易的なページでも構わない、とにかくスピードを重視したいといった場合、以下のようなサービスの利用を検討するのもいいでしょう。
※ただし、サイト制作の基本的な知識は必要です。

Google マイビジネス
https://www.google.co.jp/business/how-it-works/website/
グーペ
https://goope.jp/
Wix
https://ja.wix.com/

内製、外注のメリット・デメリット
これまでみてきたように、自社サイトを制作する際における内製と外注では以下のようなメリットが存在し、デメリットはそれぞれ相反したことだといえます。

内製のメリット
・自由にデザインできる
・運用、更新しやすい
・コスト(実費)を抑えられる

外注のメリット
・ITやWebの知識がなくても制作可能
・プロのセンスや技術を活用できる
・制作、運用の手間が省ける


以上を参考にし、自社サイト制作に最適な選択を心がけましょう。