Google Analyticsの「集客」タブを理解し、サイトのアクセスアップにつなげよう

Google Analyticsの基本的な見方として、前回は「ユーザー」タブのご紹介をしました。今回は「集客」タブに注目し、その概要をご説明します。

概要(集客サマリー)

GA_5_1.jpg

 

ここでは、訪問者がどのようにサイトへ訪れたのかがわかります。いくつかの言葉が並んでいますが、代表的な言葉の意味をご紹介致します。


GA_5_2.jpg

Organic Search
これは日本語で「自然検索」とも呼ばれ、たとえばGoogleで「SkyDesk」と検索してSkyDeskのサービスに来た訪問者となります。広告を介さない通常の検索行為は無料ですから、この割合が高ければ検索エンジン対策(SEO)が優秀だといえます。ただ、あまり偏りすぎも良いとはいえませんので、余裕があれば他の集客手段も検討してみましょう。

Direct
こちらは「ダイレクト」という名の通り、他のページを介さずに直接アクセスされた値を示します。具体的には、ブックマークからの訪問者や、ブラウザにURLを直接打ち込むなどが考えられます。

Referral
これは「リファラー」と呼ばれる項目です。あまり聞き慣れない名前ですが、ひとことで言うなら(検索エンジン以外の)別のサイトからの流入という意味です。

この値が高ければ、他サイトであなたのサイトが言及されていたり、リンクを張られていたりする可能性が高いといえます。影響力の高いサイトから言及されればアクセスも増えますが、万が一悪い評判などが立てられていないかなど、リファラーの値を定期的に確認することも重要です。

Social
こちらは、ソーシャルメディアからの流入を示す項目です。Twitter、Facebook、YouTubeなど、Googleが「ソーシャルメディア」と認識したサイトから来た訪問者の割合を示します。

数年前まで、サイトへの流入といえば検索エンジンからが圧倒的でしたが、近年の爆発的な流行もあり、ソーシャルメディアからの流入も決して無視できない存在となっています。


すべてのトラフィック > チャネル

 

ここでは、先ほどの概要で表示されていた値の詳細を確認できます。新規ユーザーの割合、直帰率、平均セッション時間などがアクセス元ごとに表示されますので、どの訪問者がどのような特性を持っているかの分析に役立つでしょう。




キャンペーン > オーガニック検索キーワード(トラフィック)

 

ここでは、自然検索で流入してきた訪問者が、どんな言葉で検索してきたのかがわかります。しかし、ほとんどのサイトで「not provided」が最も多くの値となっていることでしょう。これは、Googleがセキュリティ対策のために検索キーワードを非表示にしていることに起因します。

 

 

とはいえ、大方の検索キーワードが不明では対策のしようもありません。キーワードそのものがわかるわけではありませんが、以下の方法で検索によるアクセスが多いページを調べることが可能です。

 1:(not provided)をクリック
 2:中程の「セカンダリディメンション」というタブをクリック
 3:「行動 > ランディングページ」の順にクリック


キーワードは(not provided)のままですが、検索経由で多くアクセスされたページが一覧で表示されます。これらページの内容を確認し、キーワードとなりそうな言葉を予想することで、どんなキーワードで検索されているか予測を立てることが可能です。

 



サイトへの集客対策は、まず現状を知ることが重要です。「集客」タブの見方を理解し、今後の戦略に役立てましょう。

 

こちらも一緒に

Google Analytics のアカウントを取得して自社のWEBサイト分析を始めよう!

Google Analytics の分析で使う基本データの用語解説

Google Analyticsのセッション、ユーザー、ページビューの違いとは?

Google Analyticsの「ユーザー」で確認できるデータとその活用法